ブログについて

『ベトナム・ダラット観光通信ブログ』を読んで頂きありがとうございます。

ブログ著者の青年海外協力隊の三好秀雄です。このブログの目的はより多くの方にベトナムにおける観光地ダラットをより多くの人に知ってもらうことです。

プロフィール

1993年生まれ。大阪生まれ滋賀県育ち。現在はベトナムのダラットに在住して活動をしています。家族は5人家族で、兄二人と両親です。新卒での現地採用、3年間ベトナムで働き、協力隊の夢を果たし、活動しています。

活動先と活動内容

ラムドン省ダラット観光促進局のインフォメーションセンター
観光案内センターの前で撮った写真です。

現在、ベトナム中南部に位置するラムドン省ダラットという高原都市にて活動しています。職場は、ベトナムの市役所にあたる人民委員会のラムドン省観光促進局の一員として活動しています。

活動内容は、観光都市ダラットの外国語による広報です。ダラットは、観光都市であるものの、外国人観光客が10%にも満たないという課題を持っており、外国人観光客比率を上げるため、外国人の視点から観光ツアーの改善や外国語による広報が求められました。

このブログやSNSを通じ、ダラットの情報を発信していくことを決めました。このブログでは、ベトナムやダラット情報専門に発信していきます。

ダラットの概要記事は、こちらから

協力隊に憧れる年少期

小さい頃から、体が小さく自分に自信が持てないタイプでした。そのため、何か自分に自信が持てるものがほしいと思っていました。海外に興味をもったきっかけは、東南アジアに海外旅行に行ったことです。

自然と外国に興味を持ち始め、海外と関わることで、自分になにか自信もたしてくれるのではないかと考えるようになりました。ここで見たのが青年海外協力隊のポスターです。

(当時のポスターの代わりに2020年度協力隊募集ポスター)

出典:青年海外協力隊ページ

異国の中で一人で人のために、活動するなんてなんてかっこいいんだ!こんな風に自分もなりたいと思いました。

海外留学の挫折

大学の頃には、英語に熱中するようになり、語学留学、海外ボランティアを経て、1年間経営学を英語で学び、異文化を体験するため、タイ王国に交換留学をしました。

ここで大きな挫折を味わいました。

タイ王国の一番のエリート大学の経営学部に留学したものの…

ーーーーーーーーーーーーー

英語の授業がわからない!

友達ができない!

何も達成できない!

ーーーーーーーーーーーーー

何も結果を出せないまま、1年間が終わってしまいました( ;∀;)

しかし、これでは新卒で青年海外協力隊なんてできない!もう一度、海外に挑戦をしたい!という思いが沸いてきました。

新卒でのベトナム現地採用での成功

就職活動を経て、ベトナムのホーチミンの旅行会社に就職しました。3年間の勤務年数でベトナム・ホーチミンで自分は輝くことができました!会社はベンチャーの旅行会社で、少数精鋭の会社でした。会社の中ではなんでも挑戦でき、大きな役割と責任をもらって仕事できたのです。

退社前の1年間は、ホーチミンの支店長として仕事し、店舗運営、マネージメントなど大きな学びを得ることができました。

お正月にアオザイを来た写真

順風満帆で入社2年目を迎えた頃、ベトナムで活躍している青年海外協力隊の人たちと出会い、また青年海外協力隊になりたいという思いが強くなっていきました。

入社3年目を機会に、自信をつけ、協力隊の試験に合格し、ベトナム・ダラットでの日本語の広報活動を配属が決まりました。半年後にベトナムに戻ることを決め、大きな期待を胸に日本に帰国しました。

2020年2月世界的なコロナ感染爆発

思うようにはいかず、コロナが感染が始まり、日本の待機時期になりました。約10ヶ月の日本での待機期間を過ごすことになりました。日本では刑務所でのベトナム語通訳をしながら、ベトナム渡航を待ち、2021年1月にベトナム渡航することができました。

2021年3月からダラット着任

ようやくダラットに着任できた三好は、配属先の希望である日本語発信をブログやSNSをつかって行っています。ベトナム国内もコロナの影響があり、外出できないときもあります。コロナで活動できなかったと言い訳にしないためにも日々情報収集と発信を背一杯頑張っています。

 

ダラット ブログ
配属先スタッフのとの写真