【2021年最新版】ダラット市場ガイド!ダラット最大級のマーケットを紹介します。

【2021年最新版】ダラット市場ガイド!ダラット最大級のマーケットを紹介します。

皆さん、こんにちわ!!

青年海外協力隊の三好です。

ダラット旅行のお土産を探すなら、ダラット市場!

ダラット旅行には欠かせないダラットの市場。旅のお土産といえば、ダラット市場がおすすめです!ダラット観光促進部に所属する三好がダラット市場の実態を迫ります!この記事を読めば、初めてのダラット市場も安心してダラット市場を訪れることができます。

ダラット市場とは

ダラット市場は市内中心部にあり、昔は旧名のアムフー市場と呼ばれていました。その規模はダラットの中で最大のマーケットになります。観光の市場としても注目されており、ダラットに訪れた多くの観光客が訪れる場所となります。

ダラット市場は二つの性質をもっており、通常のダラット市場は夕方18時で閉まります。午後18時からは建物周辺にてナイトマーケットが開かれます。簡単にいうと、日中はダラット在住者や旅行客が買い物し、ナイトマーケットは食べ歩き目的で楽しむ人が多いです。特に週末(土曜日と日曜日)は、一部道路が歩行者天国となり、多くの人で賑わいます。

ダラット市場の地図と所要時間

ダラットでのホテルは、ダラット市場付近のホテルがおすすめです。ダラット市場の周辺は利便性がよく、徒歩で市内歩きができます。ダラット市場の周辺は、ダラット市場に併設されているコリンホテル、TTCホテルやゴックランホテルなどがおすすめです。

ダラット市場の所要時間は1時間半から2時間半です。市内探索のついでにダラット市場を見学するのがおすすめです。市場の中に掘り出し物があるかもしれません!

名前:ダラット市場(アムフー市場)

住所:Cầu thang Chợ, Nguyễn Thị Minh Khai, Thành phố Đà Lạt

営業時間:午前7:00-午後18:00 (18:00~ナイトマーケット)

ダラット市場の概要

ダラット市場は旧ダラット市場(ロータリー前)と新ダラット市場(ロータリーの奥側)に別れています。ダラット市場に行ったことあるよ!という方はほとんどが旧ダラット市場ではないでしょうか。新ダラット市場は2019年に作られたばかりの最新の設備が整った市場となっています。

ダラット ダラット市場
ロータリー前の旧ダラット市場

旧ダラット市場の建物はやや古くお店が密集しています。いわゆる東南アジアの市場のように品物が積み重ねられ、お店が密集している形となります。旧ダラット市場には加工されたイチゴのジャムやジュースなどが売られています。

新ダラット市場は、より大きく、よりきれいな作りとなっています。地元の方にむけて生鮮食品の市場とお土産を売っている旅行者用の市場が合わさった形となっています。4階には高級ホテルのコリンホテルが併設されています。

ダラット ダラット市場
新ダラット市場の入り口

新ダラット市場の真ん中は、吹き抜けの階段になっており、どの階にも登っていける構成となっています。ちなみに、メイン階段にはエスカレーターはないですが、別の通路では、エスカレーターを使える場所もあります。

ダラット ダラット市場
新ダラット市場の吹き抜け階段エリア

こちらがベトナム語の各層説明書きです。順番に説明していきます。

ダラット ダラット市場
ダラット市場案内

1階 精肉食品やお魚、果物などの生鮮食品売り場コーナーになっています。最新の設備があり、地元の方々が集う市場の役割をしていますが、しっかりと区切られており、清潔に保たれています。

ダラット ダラット市場
ダラット市場1階エリア

2階のバックや古着売り場コーナーでは、地元の方は日用品を買う場所としても利用しています。

ダラット ダラット市場
ダラット市場2階エリア

3階にはフードコートとダラットの冬服や特産品のお土産コーナーがあります。ダラット特産を買う場合は3階のお土産ものコーナーがおすすめです。安くランチを済ますなら、フードコートがおすすめです。

ダラット ダラット市場
ダラット市場3階エリアのフードコート

4階ダラット市場4階部分が4つ星ホテルのコリンホテル入り口となっており、坂をのぼった側の入り口となります。

ダラット ダラット市場
ダラット市場4階ホテルフロア

ダラット市場四階からはコリンホテルの敷地となるのでとても清潔感があるエリアとなっています。4階エリアには、パン屋やレストラン、カフェなどがあります。

ダラット ダラット市場
ダラット市場4階にあるパン屋

ダラット市場のナイトマーケット

ダラットのナイトマーケットは観光客向けに開かれています。ダラットに滞在する多くの観光客はナイトマーケットに集まり、お土産の買い物や食べ歩きを楽しみます。土曜日と日曜日の午後7時半からはスアンフーン湖からロータリーの入り口までのブイティスアン通りが歩行者天国となります。

>ダラット最大市場のナイトマーケット!おすすめのお土産や商品相場を紹介します。

ダラット市場でのおすすのお土産

ダラットワイン

ラドフーズワイナリー
ダラットで作られたダラットとシャトーワイン

ダラットは、ベトナムの中でワインの名産地として知られています。旅行中のお酒として、プレゼント用としてダラットワインの購入はおすすめです。買える場所はロータリー前の旧ダラット市場と新ダラット市場3階で売っていることが多いです。

〇イチゴジャムやイチゴのドライフルーツ

ダラット ダラット市場
ドライフルーツ引用:ezcloud.vn

ベトナムのお土産の中でもっとも定番ではずれがないお土産です。ベトナム国内全土でドライフルーツは食べることができますが、イチゴ味のドライフルーツやジャムなどはダラット特有ということができます。買える場所はロータリー前の旧ダラット市場と新ダラット市場3階に売っていることが多いです。

〇少数民族の刺繍

ダラット ダラット市場
少数民族の刺繍品引用:ezcloud.vn

ダラット市場ではダラットに住んでいる少数民族の刺繍などが有名です。財布や小物入れ、バックなどに刺繍が使われています。その特徴あるデザインは特別であり、ダラットのお土産に適していると言えます。買える場所は、ナイトマーケットや新ダラット市場4階に売ってある時が多いです。ダラットでは少数民族のコホ族が有名であり、ダラット郊外にコホ族のコミュニティがあります。コホ族のローランさんが運営するカフェコホコーヒーも郊外にあります。

ダラット市場に関してよくある質問

 

日中のダラット市場か夜のナイトマーケットかどちらがおすすめ?

もしどちらか選ぶ場合は、ナイトマーケットがおすすめです。特に週末のナイトマーケットは道路が歩行者天国となり、盛り上がっている市場を見ることができます。観光に疲れて夜は動きたくないという方には早朝の市場散歩をおすすめします。( `ー´)ノ

 

ダラット市場でのぼったくりなどはありますか?

ダラット市場でのぼったくりなどは少ないです。ただ、外国人慣れしていないことや英語を話せるスタッフがいないこともあります。その際も焦らず、商品の値札を見て値段確認したり、電卓を見せていくらか確認することで安心して買い物ができます。