インスタ映えさくら教会!ダラットの観光地ドメーヌデマリー教会を紹介します。

インスタ映えさくら教会!ダラットの観光地ドメーヌデマリー教会を紹介します。

みなさん、こんにちは(*^-^*)!!

ダラット観光促進部所属の青年海外協力隊の三好です。

少ない旅行日程でダラットのどこにいけばいいか迷っていませんか?

インスタ映え写真スポットであるドメーヌ教会。しかし、ドメーヌ教会の詳細記事が少ないことはもったいないことです。ダラットの観光促進部に所属している三好がドメーヌ教会を徹底的に説明します。この記事では、ドメーヌ教会の概要から観光の注意点を説明します。この記事を読むと、ダラット旅行でのドメーヌ教会観光を全てわかります。

ダラット旅行おすすめのドメーヌデマリー教会とは

ドメーヌ・ド・マリー教会 は、別名さくら教会と言われるカトリック修道院です。ダラット市内の人気の観光スポットです。旅行会社のツアー行程に入れられることはほとんどないですが、言わずと知れた観光地です。 教会の歴史は1940年に建設され、建築スタイルはフランスとベトナムの建築様式が組み合わさったものです。ドメーヌ教会は、孤児院と幼稚園を手掛ける多角的な経営を行っています。

こちらからダラット概要の記事も確認できます。

ドメーヌデマリー教会の歴史

ダラットのドメーヌ教会は、修道院も併設しており、1940年に建設されました。ドメーヌ教会には、フランス統治時代に活躍したインドシナ提督ジャンドゥクーの妻スザンヌハンバートのお墓があることも有名です。彼女はこよなくダラットを愛したと言われています。お墓の場所は、教会の中庭にあります。

1942年11月に教会が発足した当時は、60人の修道院と1人の司祭が参加したと言われています。2007年には、300人規模の幼稚園を開業し、教会活動の原資となっています。

ドメーヌデマリー教会のインテリア

ダラット 教会
ドメーヌ教会内部

ピンク色の教会ということから、『さくら教会』と別名言われています。ドメーヌ教会は丘の上に位置し、フランス統治時代をイメージさせる建築スタイルとなっています。教会の壁はピンク色に塗られ、ステンドグラスと全長3mの聖母マリア像が設置されています。聖母マリア像は、ベトナム人女性に似せて作成させたと言われています。

ドメーヌデマリー教会の所要時間

教会の所要時間は、1時間から1時間半程度となります。観光地として多くの観光客が訪れるドメーヌ教会は、観光客は無料で入ることができます。

ダラット 教会
ドメーヌ教会の入り口

教会は、丘の上にあり、入り口の門からゆっくりと坂になっています。入り口には、礼拝時間午前5:45と午後16:30と書かれ、一般にも公開されています。

ダラット 教会
ドメーヌ教会の正面

入り口を登ると、ドメーヌ教会へと続く階段が見えてきます。教会の十字架やピンクの建物がすでに見えていますね。

ダラット 教会
ドメーヌ教会の正面

こちらが教会の正面となります。常に誰かが写真を撮っている正面ショットで、無人での撮影は難しいかったです(;´・ω・)

ダラット 教会
ドメーヌ教会正面の結婚式写真

こちらは、家族両家の結婚式写真となっています。結婚式写真でも一番の人気を誇るドメーヌ教会です。その写真撮影の周りには、写真待ちの人たちが待機しています。写真スポットで人気なことから、正面のショットを取る際はやや待ち時間が必要となります。

ダラット 教会
ドメーヌ教会の客間

教会の右奥には、客間の休憩エリアもあります。教会の規則には、この客間には教会を案内してくれる修道士さんもいるとのことでした。

ダラット 教会
おみやげ物屋のトイレ

教会の正面から右奥にまっすぐ行くと、お土産物屋があり、トイレも設置されています。トイレも常に清潔にしようされていたので、なんのためないもなく使用することができました。

ドメーヌデマリー教会の見所

ドメーヌ教会の見所は、ロマンチックなピンクの教会ではないでしょうか。そして、裏手には花が咲き誇る花壇があり、リラックスでき落ち着ける場所となっています。

ダラット 教会
ドメーヌ教会の中庭

結婚式の写真撮影が多い教会でも中庭での撮影は禁止となっています。中庭の魅力は、綺麗な花の花壇となっています。この中庭は、教会の後ろ側に作られており、知る人ぞ知る観光スポットです。

ダラット 教会
中庭のガーベラ

花壇には、多くの花が咲いており、その中でもガーベラはよく植えられとてもきれいでした。

ダラット 教会
ドメーヌ教会のおみやげ物屋

教会の正面から右奥に行くと、お土産物屋や衣服や絵の販売コーナーがあります。絵の販売コーナーは、写真禁止だったので写真を撮ることができませんでした。

ダラット 教会
ドメーヌ教会のおみやげ物屋

教会のお土産者には、ダラットワインやコーヒー豆、アーティチョークのお茶なども売られていました。アイスも売られていたので、買って休憩しながら食べることもできます。

ドメーヌデマリー教会観光における注意点

ダラット 教会
ドメーヌ教会の観光規則

観光の注意事項を紹介します。ドメーヌ教会は、観光者が多いことから観光ルールを設定してあり、多くの場所に規則として掲示されていました。しかし、全ての掲示物がベトナム語のため、日本語で紹介します。

 

1,すべての観光者は、無料で観光することができます。

2,4輪の車は、道端で路上駐車してください。2輪は、駐車料金は、無料です。

3,グループのリーダーは、教会の客間スタッフに連絡してください。

4.ごみはゴミ箱にいれて、常に清潔を保ってください。

5.敷地内でお酒を飲まないでください。

6.敷地内の芝生や花壇のレンガの中に足を踏み入れないでください

7.敷地内でポイ捨てなどをしないでください。

ドメーヌデマリー教会の営業時間とアクセス

ドメーヌ教会は、一般にミサの礼拝を公開しています。平日は、17時から、日曜日は、午前5時45分と午後16時半の二回の礼拝時間となっています。

ドメーヌデマリー教会

営業時間は、朝5時45分から午後16時30分です

住所:1 Ngô Quyền, Phường 6, Thành phố Đà Lạt, Lâm Đồng